一般社団法人外国映画輸入配給協会は、1962年(昭和37年)に正式発足し、今年で50年を数えます。
これを記念して、4月11日有楽町マリオン朝日ホールにおいて「記念式」が行われました。

      
松岡宏泰会長                       品田雄吉氏


◆会長挨拶、基調講演
総合司会の映画評論家・襟川クロ氏による「外配協50年」の解説に続いて、松岡宏泰会長の挨拶、品田雄吉氏による基調講演「外国映画が日本人にもたらしたもの」が行われました。



(左から)襟川クロ氏、戸田奈津子氏、金子裕子氏、LiLiCo氏


◆トークショー「ここが楽しい!外国映画」
発足50年を記念して「ここが楽しい!外国映画」と題して、日ごろ映画界で外国映画の仕事に携わり活躍されている女性陣の方々によるにぎやかなトークショーが行われました。
映画評論家・襟川クロ氏、字幕翻訳家・戸田奈津子氏、コメンテーターLiLiCo氏、映画評論家・金子裕子氏により、外国映画の魅力と苦労話などで楽しいショーとなりました。
◆外国映画ベストサポーター賞 授賞式

   
(左から)前田敦子氏、藤原帰一氏

◆外国映画ベストサポーター賞
 外配協では発足50年を記念して、映画を職業としていない著名人の中から、日ごろ特に外国映画に興味と愛情を持たれている方を選び、
 「外国映画ベストサポーター賞」を授与しました。
 授賞されたのは、東京大学大学院教授 藤原帰一さん、そしてAKB48の前田敦子さんのお二人でした。

  



copyright © Foreign Films Importer-Distributors Association of Japan All Rights Reserved.